住賓館ロゴ
Google
WWW を検索 jyuhinkan.co.jp を検索
各種家具について、オーダーメイドやメンテナンスも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
Top >> 田組社長が語る家具ログ >> 第2回 プロヴィンシャルとの出会い
   
家具ログNo.167
家具ログNo.166
家具ログNo.165
家具ログNo.164
家具ログNo.163
家具ログNo.162
家具ログNo.161
家具ログNo.160
家具ログNo.159
家具ログNo.158
家具ログNo.157
家具ログNo.156
家具ログNo.155
家具ログNo.154
家具ログNo.153
家具ログNo.152
家具ログNo.151
家具ログNo.150
家具ログNo.149
家具ログNo.148
家具ログNo.147
家具ログNo.146
家具ログNo.145
家具ログNo.144
家具ログNo.143
家具ログNo.142
家具ログNo.141
家具ログNo.140
家具ログNo.139
家具ログNo.138
家具ログNo.137
家具ログNo.136
家具ログNo.135
家具ログNo.134
家具ログNo.133
家具ログNo.132
家具ログNo.131
家具ログNo.130
家具ログNo.129
家具ログNo.128
家具ログNo.127
家具ログNo.126
家具ログNo.125
家具ログNo.124
家具ログNo.123
家具ログNo.122
家具ログNo.121
家具ログNo.120
家具ログNo.119
家具ログNo.118
家具ログNo.117
家具ログNo.116
家具ログNo.115
家具ログNo.114
家具ログNo.113
家具ログNo.112
家具ログNo.111
家具ログNo.110
家具ログNo.109
家具ログNo.108
家具ログNo.107
家具ログNo.106
家具ログNo.105
家具ログNo.104
家具ログNo.103
家具ログNo.102
家具ログNo.101
家具ログNo.100
家具ログNo.99
家具ログNo.98
家具ログNo.97
家具ログNo.96
家具ログNo.95
家具ログNo.94
家具ログNo.93
家具ログNo.92
家具ログNo.91
家具ログNo.90
家具ログNo.89
家具ログNo.88
家具ログNo.87
家具ログNo.86
家具ログNo.85
家具ログNo.84
家具ログNo.83
家具ログNo.82
家具ログNo.81
家具ログNo.80
家具ログNo.79
家具ログNo.78
家具ログNo.77
家具ログNo.76
家具ログNo.75
家具ログNo.74
家具ログNo.73
家具ログNo.72
家具ログNo.71
家具ログNo.70
家具ログNo.69
家具ログNo.68
家具ログNo.67
家具ログNo.66
家具ログNo.65
家具ログNo.64
家具ログNo.63
家具ログNo.62
家具ログNo.61
家具ログNo.60
家具ログNo.59
家具ログNo.58
家具ログNo.57
家具ログNo.56
家具ログNo.55
家具ログNo.54
家具ログNo.53
家具ログNo.52
家具ログNo.51
家具ログNo.50
家具ログNo.49
家具ログNo.48
家具ログNo.47
家具ログNo.46
家具ログNo.45
家具ログNo.44
家具ログNo.43
家具ログNo.42
家具ログNo.41
家具ログNo.40
家具ログNo.39
家具ログNo.38
家具ログNo.37
家具ログNo.36
家具ログNo.35
家具ログNo.34
家具ログNo.33
家具ログNo.32
家具ログNo.31
家具ログNo.30
家具ログNo.29
家具ログNo.28
家具ログNo.27
家具ログNo.26
家具ログNo.25
家具ログNo.24
家具ログNo.23
家具ログNo.22
家具ログNo.21
家具ログNo.20
家具ログNo.19
家具ログNo.18
家具ログNo.17
家具ログNo.16
家具ログNo.15
家具ログNo.14
家具ログNo.13
家具ログNo.12
家具ログNo.11
家具ログNo.10
家具ログNo.09
家具ログNo.08
家具ログNo.07
家具ログNo.06
家具ログNo.05
家具ログNo.04
家具ログNo.03
家具ログNo.02
家具ログNo.01
田組社長の家具ログ 目次へ
   
全国発送承ります・お見積無料
メールフォーム問合せ
FAX問合せダウンロード
住賓館ブログ(livedoor)
 
 
 
プロヴィンシャル・シリーズ・住賓館
プロヴィンシャル・シリーズ・住賓館
プロヴィンシャル・シリーズ・住賓館
プロヴィンシャル・シリーズ・住賓館
これは高くて売れないなぁ・それが第一印象だった
「これは高くて売れないなぁ」。
それが今から15年前、プロヴィンシャルの家具を見ての第一印象。
まだこの商売を引き継いだばかりの頃でした。
お客様からも「こんなテーブル、家の納屋を探せばどっかから出てきそうなのに、それがどうして35万円もするんだ」と、よく言われました。
凝った装飾が施されているわけでもなく、色使いが目をひくわけでもない。
それは昔から慣れ親しんでいるテーブルそのものだったからです。しかし、この何の変哲もないテーブルこそ、プロヴィンシャルが目指した家具でした。

英国の農民家具を復元した「プロヴィンシャル」シリーズ
日本においてカントリースタイルを家具の定番にし、普及させたのは、飛騨の匠の技と心を引き継ぎ、今も飛騨の家具業界を牽引し続ける飛騨産業の功績が大きい。
その飛騨産業が創業60周年を迎えるにあたって、それまでのカントリースタイルの集大成として1983年に発表したのが、英国17〜18世紀の農民家具を復元した「プロヴィンシャル」シリーズです。
当時は、シェアで言うとカントリーとは対極にある、装飾的なデコラスタイルの家具が主流。
洗練された突き板のテーブルがメインだった時代に、あえてプロヴィンシャル(田舎風)な家具作りに取り組み、椅子やダイニングテーブルなど農耕民族が生活するのに必要な最低限のアイテムの家具を発表したのです。
日本国内には無垢板のテーブルなんてありませんでした。

どんなタイプとも相性ぴったり・古くさくなく、とんがった若造でもない
そして20年以上経った今、プロヴィンシャルは少しずつアイテムを増やしながらも、発表当時の家具を作り続けています。
ここ10年ほどの家具業界では新製品を出しては廃盤になるサイクルが早くなっている中にあってです。
その根強い人気のヒミツは、この家具がどんな家具とも、どんなスタイルの部屋とも合うこと。
例えば、プロヴィンシャルのタバーンテーブル(ダイニングテーブル)は、お手持ちの家具のどの椅子を持ってこようとしっくり合ってしまう。
モダンにはモダン、カントリーにはカントリー、デコラにはデコラの椅子...という法則は、このテーブルには当てはまりませんでした。
納品に行くと、すぐに今までお使いの椅子とだ馴染んでしまう。
だから「私はカッシーナやアルフレックスの椅子が好き!」、「私はもう少し座り心地が重厚な椅子が好き!」と、家族全員違うタイプの椅子を組み合わせても、全然いやらしくない。
これには私自身不思議でした。
そしてもう一つ、この家具が長く愛される理由に、プロヴィンシャルの家具の場合、20年前に買った家具も昨日買った家具も新旧の差がなく、すぐにしっくり馴染むこと。
普通は昔買った家具と今の家具なら、断然今の家具の方がキレイにみえるもの。
しかし、プロヴィンシャルの場合は、前の家具に古くささはなく、後の家具には先の家具との融合があるのです。
だから、一度に全部揃えなくても、椅子1脚からでも揃えていけるのです。

高い?いや「実は割安!!」のわけ教えます
さて、冒頭で「高い!」と思ったという話をしましたが、15年経った今思うのは、扱っている商材の中でもこのタバーンテーブルは割安だということ。
それは20年前と価格がほとんど変わっていないこと。
前述のように長く使え、どんな家具とも相性がいいこと。
そして、この商品は値引きがほとんどないこと。
?と思われるかもしれませんが、お客様にとっては実は値引きが少ない商品ほど割安商品なのです。
値引きの多い商品は、それだけ値引いても売り手にとっては十分利益があるってことですから。
こうして感銘を受けたプロヴィンシャルの家具。
しかし、その良さを知れば知るほど、欲も出てくるもの。
もっとこうしたら、もっと良くなるのに! ということで、一地方の家具屋がブランドに直訴。
ついにその熱い思いは受け止められ、どこにも売っていない住賓館だけのプロヴィンシャル「住賓館オリジナルEX」を作り上げました。
まさに夢のコラボレーションです。 詳しくは、次回、お話ししたいと思います。

● プロヴィンシャル・シリーズ(一部抜粋)
プロヴィンシャル・シリーズ・住賓館 プロヴィンシャル・シリーズ・住賓館
P-17 ボウバックチェア
W53.5×D57.5×H95×SH39
\102,900(税込み価格)
P-17A ボウバックアームチェア
W53.5×D57.5×H95×SH39×AH65
\136,500(税込み価格)
プロヴィンシャル・シリーズ・住賓館
ダイニング5点セット
P-17 ボウバックチェア×3 @102,900×3
P-4 トリッスルベンチ×1 @168,000×1
P-3 タバーンテーブル×1 @399,000×1

関連記事
2011.06.10
〜飛騨家具 住賓館コレクション〜
飛騨の家具がもたらす癒しと美意識。今求められる本物の家具たち
「使い捨て」から「使い続ける」ライフスタイルへ。本当に長く使え、飽きずに、まるで家族のように在り続ける北欧スタイルの家具日進木工の新シリーズ・geppo(月歩)と人気のテレビボード 2011.04.28
「使い捨て」から「使い続ける」ライフスタイルへ。
本当に長く使え、飽きずに、まるで家族のように在り続ける北欧スタイルの家具
日進木工の新シリーズ・geppo(月歩)と人気のテレビボード
日進木工、柏木工、飛騨産業、シラカワ・・・住賓館が自信をもっておすすめする飛騨の家具2010秋ベストセレクション〜新作もお取り寄せもすべて「希少精鋭フェア」対象商品!〜 2010.11.12
日進木工、柏木工、飛騨産業、シラカワ・・・
住賓館が自信をもっておすすめする飛騨の家具2010秋ベストセレクション
〜新作もお取り寄せもすべて「希少精鋭フェア」対象商品!〜
2010.09.17
行って来ました!2010飛騨・高山 暮らしと家具の祭典
各メーカーの気になる家具をピックアップ&チェック!
2010.08.20
年に一度の飛騨の家具のビッグイベント「2010飛騨・高山 暮らしと家具の祭典」
今年もたくさんの情報を吸収し、魅力ある住賓館イベントも開催します!
飛騨の家具・メーカー事情と住賓館目線の売り場展開 飛騨産業、日進木工、柏木工の3大メーカーと、箱物に強いシラカワ 2010.05.21
飛騨の家具・メーカー事情と住賓館目線の売り場展開
飛騨産業、日進木工、柏木工の3大メーカーと、箱物に強いシラカワ
2010.02.12
木の温もりを感じる無垢の家具を作り続けて約70年。
伝承の技と新しい感覚で飛騨高山から日本の新しいスタンダードを発信。飛騨高山の家具メーカー・柏木工
日本の北欧家具・飛騨の日進木工〜家族のなごみを演出する北欧スタイルの家具〜  2009.10.05
 日本の北欧家具・飛騨の日進木工
〜家族のなごみを演出する北欧スタイルの家具〜
国産北欧スタイルのすすめ 長時間過ごせる「家族」と「個」の空間づくり  2009.9.14
 国産北欧スタイルのすすめ
長時間過ごせる「家族」と「個」の空間づくり
飛騨高山の家具・プロヴィンシャルをベースに住賓館オリジナルEXの誕生 2006.12.07
飛騨高山の家具・プロヴィンシャルをベースに住賓館オリジナルEXの誕生
飛騨高山の家具・プロヴィンシャルとの出会い 2006.11.02
飛騨高山の家具・プロヴィンシャルとの出会い
わずか3800g、小型犬ほどの重さでスタイリッシュなSOLA(ソラ) 2006.11.01
わずか3800g、小型犬ほどの重さでスタイリッシュなSOLA(ソラ)
   

>> 田組社長の家具ログ >> 家具メンテナンス >> オーダーメイド家具 >> 主な取扱商品 >> 住賓館ブログ(Livedoor) >> 会社概要 >> Topに戻る

Copyright (C) 2009 Jyuhinkan Co., Ltd. All Rights Reserved.
お問合せメールフォーム 家具メンテナンス オーダーメイド家具 住賓館ブログ 会社・店舗情報 トップに戻る