住賓館ロゴ
Google
WWW を検索 jyuhinkan.co.jp を検索
各種家具について、オーダーメイドやメンテナンスも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
Top >> 田組社長が語る家具ログ >> 第70回 飛騨高山を代表する家具メーカー・シラカワ 高度な木工技術とデザインに加え、塗装技術にも注目!
   
家具ログNo.169
家具ログNo.168
家具ログNo.167
家具ログNo.166
家具ログNo.165
家具ログNo.164
家具ログNo.163
家具ログNo.162
家具ログNo.161
家具ログNo.160
家具ログNo.159
家具ログNo.158
家具ログNo.157
家具ログNo.156
家具ログNo.155
家具ログNo.154
家具ログNo.153
家具ログNo.152
家具ログNo.151
家具ログNo.150
家具ログNo.149
家具ログNo.148
家具ログNo.147
家具ログNo.146
家具ログNo.145
家具ログNo.144
家具ログNo.143
家具ログNo.142
家具ログNo.141
家具ログNo.140
家具ログNo.139
家具ログNo.138
家具ログNo.137
家具ログNo.136
家具ログNo.135
家具ログNo.134
家具ログNo.133
家具ログNo.132
家具ログNo.131
家具ログNo.130
家具ログNo.129
家具ログNo.128
家具ログNo.127
家具ログNo.126
家具ログNo.125
家具ログNo.124
家具ログNo.123
家具ログNo.122
家具ログNo.121
家具ログNo.120
家具ログNo.119
家具ログNo.118
家具ログNo.117
家具ログNo.116
家具ログNo.115
家具ログNo.114
家具ログNo.113
家具ログNo.112
家具ログNo.111
家具ログNo.110
家具ログNo.109
家具ログNo.108
家具ログNo.107
家具ログNo.106
家具ログNo.105
家具ログNo.104
家具ログNo.103
家具ログNo.102
家具ログNo.101
家具ログNo.100
家具ログNo.99
家具ログNo.98
家具ログNo.97
家具ログNo.96
家具ログNo.95
家具ログNo.94
家具ログNo.93
家具ログNo.92
家具ログNo.91
家具ログNo.90
家具ログNo.89
家具ログNo.88
家具ログNo.87
家具ログNo.86
家具ログNo.85
家具ログNo.84
家具ログNo.83
家具ログNo.82
家具ログNo.81
家具ログNo.80
家具ログNo.79
家具ログNo.78
家具ログNo.77
家具ログNo.76
家具ログNo.75
家具ログNo.74
家具ログNo.73
家具ログNo.72
家具ログNo.71
家具ログNo.70
家具ログNo.69
家具ログNo.68
家具ログNo.67
家具ログNo.66
家具ログNo.65
家具ログNo.64
家具ログNo.63
家具ログNo.62
家具ログNo.61
家具ログNo.60
家具ログNo.59
家具ログNo.58
家具ログNo.57
家具ログNo.56
家具ログNo.55
家具ログNo.54
家具ログNo.53
家具ログNo.52
家具ログNo.51
家具ログNo.50
家具ログNo.49
家具ログNo.48
家具ログNo.47
家具ログNo.46
家具ログNo.45
家具ログNo.44
家具ログNo.43
家具ログNo.42
家具ログNo.41
家具ログNo.40
家具ログNo.39
家具ログNo.38
家具ログNo.37
家具ログNo.36
家具ログNo.35
家具ログNo.34
家具ログNo.33
家具ログNo.32
家具ログNo.31
家具ログNo.30
家具ログNo.29
家具ログNo.28
家具ログNo.27
家具ログNo.26
家具ログNo.25
家具ログNo.24
家具ログNo.23
家具ログNo.22
家具ログNo.21
家具ログNo.20
家具ログNo.19
家具ログNo.18
家具ログNo.17
家具ログNo.16
家具ログNo.15
家具ログNo.14
家具ログNo.13
家具ログNo.12
家具ログNo.11
家具ログNo.10
家具ログNo.09
家具ログNo.08
家具ログNo.07
家具ログNo.06
家具ログNo.05
家具ログNo.04
家具ログNo.03
家具ログNo.02
家具ログNo.01
田組社長の家具ログ 目次へ
   
全国発送承ります・お見積無料
メールフォーム問合せ
FAX問合せダウンロード
住賓館ブログ(livedoor)
 
 
 
飛騨高山を代表する家具メーカー・シラカワ 高度な木工技術とデザインに加え、塗装技術にも注目!
 
飛騨の匠の技術を継承しつつ、先見性と独創性も重視して、ほかにはない、誰にも真似のできないものづくりを行っているシラカワ。
最近では、ダイニングチェアを使い、インテリア性の高い車椅子を開発して注目を集めています。
シラカワでは、100年経っても古さを感じさせないデザインを追求し、愛着を持って長く付き合える木の家具を作り続けています。
今回はそのシラカワこだわりの家具をご紹介します。

レッドオークの色付けでは業界トップクラス

今、家具の素材となる木が少なく、これまでナラ材を使っていた多くの家具メーカーがレッドオークを扱い始めています。
そんな中、シラカワは何十年も前からレッドオークを使い、その素材感を生かした家具作りでは飛騨の家具メーカーの中でもトップクラス。特に塗装技術に優れています。
レッドオークの色付けは高い技術を必要としますが、シラカワではカラーも豊富。長年の経験と技術力が他を寄せ付けない美しい仕上がりを実現しています。
例えば、シラカワの人気シリーズ「素技(そぎ)」では、木の自然な色合いや質感を生かしたオイル塗装でしっとり感と濡れ色感を強調し、素地にわずかな木目着色を加えることで深みのある仕上がりに。
その絶妙な色づかいは、シラカワの高い技術力があるからこそできることです。

「柾目」にこだわる

シラカワの家具の美しさの一つに、柾目の美しさがあります。
丸太を年輪に対して垂直に切る柾目材は、まっすぐに伸びた木目に凛とした美しさがあります。
一方、丸太を年輪に対して水平に切った板目材の場合は、年輪模様が面白い表情をみせます。
そのため木の家具らしさが出ることから板目材を採用するメーカーも多いのですが、板目材は柾目材に比べて反りなどの変形が起こりやすくなります。
長く付きあえる家具作りを行うシラカワとしては、当然「柾目」を選択しています。
柾目は切り出しに手間がかかり、しかも1本の丸太から20%しか取れず、入手やコスト面では負担がかかっても、長く使い続けられる家具作りのため、シラカワは「柾目」にこだわり続けています。

ほかでは真似できない複雑な曲面曲線

シラカワの家具を手で触ると、曲面の手触りの良さに驚かされます。
曲木技法による緩やかな曲線は、見た目の美しさだけでなく、触れて、座って、使っても心地よい感触です。
ダイニングテーブルの天板であれば、その面形状は単純な船底面だけでなく、裏面のみR仕上げにして奥行きのある表情を持たせたり、自然な素材感が感じられる浮造り仕上げ、左右から異なった方向のRが途中で交差してつながるねじれ面など、多様な細工を施しています。
複雑な曲面曲線や質感を実現するには、それだけ高い技術と多くの工程を必要とします。
これも色付け同様、シラカワの技術力とこだわりがあるからできることです。
 

RAPT(ラプト)シリーズ

RAPT(ラプト)の開発コンセプトは、自然の造型。イメージしたのは、ワシ、タカ、トンビなどの猛禽類の鋭い爪や口ばし、強力な翼。
雄大な拡がりを感じさせる造型は身体を包み込む安堵感や心地よい触感につながります。
ゆっくりした時間の流れの中で、ゆったりとした毎日を積みあげる。
たくさんの楽しみとほほ笑みに満ちた、未来につながる豊かな生き方。
RAPT(ラプト)が提案したいのは、そんなナチュラルなスローライフです。
■1500ベンチ・S-R5752
シラカワのRAPTシリーズの1500ベンチ・S-R5752    ●さらに詳しい情報はコチラ!
    >> 住賓館ブログ
     シラカワのRAPTシリーズの1500ベンチ・S-R5752
     http://blog.livedoor.jp/jyuhinkan/archives/51862187.html
RAPT(ラプト)のベンチの背もたれは、理想の曲面仕上げ。細部には切れ味があります。
後姿も美しく、背もたれまでの高さが760ミリとロースタイルでありながら、しっかり体を支えてくれます。
座面の厚さは50ミリ、奥行きもクッション部分だけで500ミリあり、長時間座っても疲れません。
ボリュームあるクッションに、背もたれのシャープなデザインがマッチしています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
商品名    LDベンチ S-R5752
サイズ    W1500 D575 H760 SH400
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■LDアームチェア・S-R575A
飛騨高山シラカワのRAPTシリーズのLDアームチェア・S-R575A    ●さらに詳しい情報はコチラ!
    >> 住賓館ブログ
     飛騨高山シラカワのRAPTシリーズのLDアームチェア・S-R575A
     http://blog.livedoor.jp/jyuhinkan/archives/51855762.html
独特なやわらい表情をしたアーム部分には、ゆったりと肘がのり、テーブルからの出入りも快適。面形状の美しさがあります。
無垢材を削りあげた曲面、複雑なやわらかなデザイン、温もりある素材感、そしていつまでの使える頑丈さ。和のテイストが入りながら、北欧スタイルがミックスされ、畳の部屋にも似合います。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
商品名     RAPT S-R575A
サイズ     W715 D575 H760 SH400 AH590
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■ダイニングセット
飛騨高山のシラカワよりリビングダイニングセットRAPTが入荷    ●さらに詳しい情報はコチラ!
    >> 住賓館ブログ
     飛騨高山のシラカワよりリビングダイニングセットRAPTが入荷
     http://blog.livedoor.jp/jyuhinkan/archives/51825448.html
人気のリビングダイニングセットは、ワイド1650ミリ、奥行き900ミリ、高さ650ミリのテーブルに、肘付きチェアを2脚とワイド1500ミリのベンチの組み合せです。
肘は椅子の全体に回り込まず、テーブルから立ち上がりの姿勢を楽にするようなデザイン。肘の長さが短くてもしっかり肘を支えてくれます。
レッドオークの柾目の美しさはシラカワの特徴です。レッドオーク材のカラーは8種類から選べます。素材違いでメープル材とブラックウォールナット材も選べます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
商品名      RAPT ST-R57557(ダイニングテーブル)
サイズ      W1650 D900 H650
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 

PLAIN(プレーン)シリーズ

PLAIN(プレーン)シリーズは、サイドボードやカウンターボード、ミドルキャビネットなどもすべてセミオーダー可能。わが家サイズ、わが家スタイルでコーディネートすることができます。
■TVボード・ブラックウォールナット
シラカワのTVボード・PLAIN・ブラックウォールナット    ●さらに詳しい情報はコチラ!
    >> 住賓館ブログ
     シラカワのTVボード・PLAIN・ブラックウォールナット
     http://blog.livedoor.jp/jyuhinkan/archives/51861665.html
     飛騨高山のシラカワのテレビボードPLAINブラックウォールナット
     http://blog.livedoor.jp/jyuhinkan/archives/51575105.html
スタイリッシュで洗練されたテレビボードは、高さ350ミリのロースタイルタイプ。
オーダーで高さを400ミリと450ミリに変更でき、さらに10ミリ刻みの脚カットに対応しているので、ジャストサイズにオーダーできます。
天板はブラックウォールナット材の無垢仕様で、厚みもほどよく、スマートな印象です。
素材は、レッドオーク、ブラックウォールナット、ハードメープル、クルミ、チェリーから選べ、これだけの素材から自由に選べるのはシラカワにしかありません。
レッドオークの中からは8色のカラーオーダーができ、オイル仕上げまで可能です。
センターのガラス部分も板扉を選ぶことができます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
商品名     PLAIN SBL-02990-180
サイズ     W1780 D450 H350
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■サイドボード・ブラックウォールナット
シラカワのOrderサイドボード・Plain・ブラックウォールナット材    ●さらに詳しい情報はコチラ!
    >> 住賓館ブログ
     シラカワのOrderサイドボード・Plain・ブラックウォールナット材
     http://blog.livedoor.jp/jyuhinkan/archives/51848197.html
シンプルなオーダーサイドボード。
天板はすっきりとしたシンプルデザインの無垢仕様で、メンテナンス(拭き直し)もでき、長くお使いいただけます。
本体を支えている2本脚は、高さが100ミリから300ミリまで50ミリ間隔で指定できるので、ワイドサイズのバランスに合わせて指定できます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
商品名     PLAIN Order Board
サイズ     W1200 D400 H850
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 

素技(そぎ)シリーズ

飛騨高山の匠の「指物」技術を尊重し、日本建築、特に書院造りの付け書院や違い棚、縁先、手すりなどを抽象的にイメージし、それを現代風に創造した家具シリーズ。
これまでにないシャープでスッキリしたデザインで、「素技(そぎ)」と名付けられました。
これは「削ぎ落とす」「素朴な技」から付けられたのですが、削り出してつくられた様な造形を表すだけでなく、余分な物を削ぎ落とすという意味が込められています。
■リビングダイニングセット
飛騨高山のシラカワのLDセット・素技    ●さらに詳しい情報はコチラ!
    >> 住賓館ブログ
     飛騨高山のシラカワのLDセット・素技
     blog.livedoor.jp/jyuhinkan/archives/51841950.html
テーブルの高さが640ミリと一般ダイニングテーブルと比べて60ミリ低く、ダイニングセットとリビングセットの両方の要素を兼ね備えています。
ゆったりくつろげる一人掛けチェアは、緩やかな曲木を背後の左右に配し、左右の曲木材の板と小口面の強弱を面白く調和させています。
また、まん中の空間に3種の巾桟木を差し組み合わせて、重くならないようにして指物らしい感じを高める工夫をしています。
クッション性もあるのでソファの感覚で利用でき、座面も広いので男性ならあぐらを組んだり、女性なら正座もできます。
テーブル天板のざらめ仕上げは質感高く、柾目が生きています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
商品名    素技  LD ST-3951
サイズ    W1500 D850 H640
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 

まだまだあります!
詳しくはお気軽にお問い合わせください。

住賓館では、今回ここにご紹介した以外のシラカワの家具にも対応しています。
シラカワの家具についてのご質問、住賓館での展示内容について詳しくお知りになりたい方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。
また、毎日更新の住賓館ブログでは、飛騨の家具をはじめ、人気の北欧スタイルの家具や世界の有名ブランド家具、話題のベッド、マットレス(シモンズ、シーリー、サータ)などの展示家具やイベント紹介に加え、メンテナンス修理の納品事例もご紹介しています。
こちらもチェックしてくださいね。

また、毎日更新の住賓館ブログでも、展示商品を随時ご紹介しています。
こちらもチェックして、気になる家具を見つけたら、お気軽にお問い合わせください。

●住賓館ブログ


>> 田組社長の家具ログ >> 家具メンテナンス >> オーダーメイド家具 >> 主な取扱商品 >> 住賓館ブログ(Livedoor) >> 会社概要 >> Topに戻る

Copyright (C) 2009 Jyuhinkan Co., Ltd. All Rights Reserved.
お問合せメールフォーム 家具メンテナンス オーダーメイド家具 住賓館ブログ 会社・店舗情報 トップに戻る