住賓館ロゴ
Google
WWW を検索 jyuhinkan.co.jp を検索
各種家具について、オーダーメイドやメンテナンスも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
Top >> 家具のメンテナンス・リペア >> ソファー吹き付け塗装編 ムービー付
   
家具メンテナンスNo.13
家具メンテナンスNo.12
家具メンテナンスNo.11
家具メンテナンスNo.10
家具メンテナンスNo.09
家具メンテナンスNo.08
家具メンテナンスNo.07
家具メンテナンスNo.06
家具メンテナンスNo.05
家具メンテナンスNo.04
家具メンテナンスNo.03
家具メンテナンスNo.02
家具メンテナンスNo.01
家具メンテナンス 目次へ
   
家具メンテナンス・お見積無料
メールフォーム問合せ
FAX問合せダウンロード
住賓館ブログ(livedoor)
 
 
 
イタリアの最高級ソファのリペア。前回のリペア例を見て決行!
イタリア製ソファ(リペア後)
以前ご紹介したソファの吹き付け塗装によるリペア。
ひびや色あせの激しいソファが、吹き付け塗装で復元された様子をビフォーアフターの写真でご覧いただきました。
その出来映えにみなさんも驚かれたと思いますが、そのリペア後のソファを実際にご覧になった親戚の方が、「これなら!」と、愛用のソファをリペアしたいと相談に来られました。
拝見したソファは、1人掛け×2と3人掛けの3セット。
本革張りで色はグリーン。
とはいえ、色あせとひび割れがひどく、特に座部分は白にしか見えません。
前から見る限りでは、元の色が想像できないほどでした。さらに、クッションのへたりもひどく、背の部分には破れもありました。
そこで、クッション部の補修なども含め、吹き付け塗装のパターンと、革を張り替えるパターンの2種類のお見積りをさせていただきました。
吹き付け塗装の場合は約30万円相当、 同等レベルのイタリア製本革での貼り替えの場合は、かなり高額なお見積りになりました。
もちろん、愛着のあるソファであり、前例の出来をご覧になっているだけに、吹き付け塗装を選択されました。
● 補修前
イタリア製ソファ(リペア前)
対応できるすべてのパターンのお見積りをご提示します。
住賓館では、リペアもメンテナンスもご予算やご希望に応じて選択いただけるように、対応できるすべてのパターンについてのお見積りをお出ししています。
また、それぞれの方法については、良い点だけでなく、欠点についてもお伝えしております。
例えば、前回もお話ししましたが、吹き付け塗装の場合は革質が少し硬くなること、お子さんがクッション部で飛び跳ねることが多いと色割れが起こる可能性があることなどです。
気になることについては、正直にお伝えいたしますので、お気軽にご相談いただき、ご検討ください。
プロ意識の高い職人よる完全分業制で復元します。
今回のリペアでは、まずクッション部分を補修するために詰め物の専門業者へ。
プロ意識の高い職人は決していい加減な仕事はしません。
この時も、私が依頼した枚数の詰め物を施しただけではクッション性が弱いと感じたらしく、もう1枚詰め物を足してもよいかどうかを問い合わせてきました。
しかも私に現場まで来て実際に座って判断してほしいと言うのです。
すぐに出かけて座ってみました。納得しました。プロとしてのこだわりとプライドは、お客様のためでもあるのだと実感しました。
クッション部の補修後は、吹き付け塗装の職人へバトンタッチ。
今回はその様子を動画に収めていますのでぜひご覧ください。
左記のムービーをご覧になるにはAdobeFlashPlayerが必要です。
 
  ●プラグインダウンロード
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/
こちらもプロの技が見られます。
特にエアーブラシによるカラーリングでは、片手にエアーブラシ、片手にドライヤーを持ち、そのしなやかな手首の動きとドライヤーを当てる絶妙なタイミングで、ムラなく仕上げています。
この辺がプロならではのセンスですね。
カラーリングの要となる調色。ご家庭での応急処置用に塗料をお分けしています。
元の色との比較 カラーリングの要となるのは、塗料の色調合。
微妙な配合には、プロならではのセンスと勘と経験が必要です。
ところで、今回のように表面上では元の色が判別しにくい場合は、家具を裏返したり、めくったりしながら色あせのない部分を探します。
今回はソファをひっくり返した裏の色から見つけました。
元はこんなに鮮やかなグリーンだったのですね。
リペア用塗料 なお、リペアの際に使った塗料は、小さな刷毛付きボトルに入れて納品の際にお客様にお渡ししています。
ちょっとしたキズや色割れが起こったときの応急処置にお使いいただけます。
はやる気持ちをぐっと抑え、一晩寝かせる理由とは?
一晩寝かせます。
リペアを終えた家具は、住賓館の倉庫へ運ばれ、しっかり検品してから納品となります。
と、その前に、一晩倉庫で眠らせます。
大切な家具をお待ちになっているお客様へ一刻も早くお届けしたいのは山々ですが、一晩寝かせることで、塗料の臭いを飛ばしています。
吹き付け塗料については、安心、安全で臭いの少ない塗料を使っているため、ほとんど臭いはないのですが、念には念を・・・住賓館のこだわりです。
こうして、はやる気持ちをぐっと抑え、万全な状態で生まれ変わった家具をお届けしています。
 
関連記事
今の時代だからきちんと考えたい、本物の家具とメンテナンスのこと。 2012.08.31
今の時代だからきちんと考えたい、本物の家具とメンテナンスのこと。
〜椅子のグラつきからウォーターベッドのメンテナンスまで、
メーカー対応できない修理も住賓館の専門職人が迅速に対応します〜
住賓館のメンテナンス修理 本物の家具を長く愛着をもって使い続けていただくためにー。 2012.03.02
住賓館のメンテナンス修理
本物の家具を長く愛着をもって使い続けていただくためにー。
2010.03.18
【ここまでできる!住賓館のメンテナンス】
年代物の総桐箪笥の再生からマホガニー材の仏壇、海外ブランド家具のメンテナンスまで
2010.10.15
ミガキ仕様の加工に、フック金具の取り付け・・・
県外も即日納品メンテナンスにも対応。配送も高レベル、安心システムでお届け。
今、一押しの海外、国内人気家具もご紹介します!
2010.05.28
現場で考えるメンテナンス
日常使いの家具は、現場対応&スピーディな納期で、メンテナンス中の不便を軽減。
アンティーク家具は、解体して組み直し再生。
住賓館だからできるお客様サービス 持ち込みお試し家具&代椅子サービス。 2010.05.07
住賓館だからできるお客様サービス 持ち込みお試し家具&代椅子サービス
よりピッタリの家具をお選びいただくために ご希望によりご自宅に家具をお持ちします。
毎日使うものだから メンテナンス中は、代わりの椅子をご用意いたします。
引っ越しやリフォームで今までの家具が使えない!入らない!...ことはありません。大切な家具を長く使い続けるために。「古家具再生」と「お部屋サイズに家具をカット」 2010.04.09
引っ越しやリフォームで今までの家具が使えない!入らない!...ことはありません。
大切な家具を長く使い続けるために。「古家具再生」と「お部屋サイズに家具をカット」
40年前のソファが復活!思い出深い年代物の家具から繊細なイタリア家具まで 2009.12.25
40年前のソファが復活!思い出深い年代物の家具から繊細なイタリア家具まで
今、時代が注目する「修理」「修理依頼はどうすればいいの?」にお答えします!  2009.08.10
 今、時代が注目する「修理」
「修理依頼はどうすればいいの?」にお答えします!
修理依頼の多い「椅子のぐらつき」。ビス1本で直る方法もあります。  2009.07.09
 修理依頼の多い「椅子のぐらつき」。ビス1本で直る方法もあります。
諦めていた革の家具のリペア、職人技の吹きつけ塗装で復元させます!?イタリア製最高級ソファをリペア (革張りソファー編 ムービー付)  2009.07.03
諦めていた革の家具のリペア、職人技の吹きつけ塗装で復元させます!?
イタリア製最高級ソファをリペア (革張りソファー編 ムービー付)
一世を風靡したウォーターベッド。なぜ陰を潜めたのか?なぜ根強いファンがいるのか?(ウォーターベッド補修編)  2009.06.18
一世を風靡したウォーターベッド。なぜ陰を潜めたのか?
なぜ根強いファンがいるのか?(ウォーターベッド補修編)
諦めていた革の家具のリペア、職人技の吹きつけ塗装で復元させます! 住賓館の家具メンテナンス(革張りソファー編)  2009.06.10
諦めていた革の家具のリペア、職人技の吹きつけ塗装で復元させます!
住賓館の家具メンテナンス(革張りソファー編)
   

>> 田組社長の家具ログ >> 家具メンテナンス >> オーダーメイド家具 >> 主な取扱商品 >> 住賓館ブログ(Livedoor) >> 会社概要 >> Topに戻る

Copyright (C) 2009 Jyuhinkan Co., Ltd. All Rights Reserved.
田組社長の家具ログ オーダーメイド家具 主な取扱商品 住賓館ブログ 会社・店舗情報 トップに戻る お問合せメールフォーム