住賓館ロゴ
Google
WWW を検索 jyuhinkan.co.jp を検索
各種家具について、オーダーメイドやメンテナンスも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
Top >> 家具のメンテナンス・リペア >> 引っ越しやリフォームで今までの家具が使えない!入らない!・・・ことはありません。 大切な家具を長く使い続けるために。「古家具再生」と「お部屋サイズに家具をカット」
   
家具メンテナンスNo.12
家具メンテナンスNo.11
家具メンテナンスNo.10
家具メンテナンスNo.09
家具メンテナンスNo.08
家具メンテナンスNo.07
家具メンテナンスNo.06
家具メンテナンスNo.05
家具メンテナンスNo.04
家具メンテナンスNo.03
家具メンテナンスNo.02
家具メンテナンスNo.01
家具メンテナンス 目次へ
   
家具メンテナンス・お見積無料
メールフォーム問合せ
FAX問合せダウンロード
住賓館ブログ(livedoor)
 
 
 
引っ越しやリフォームで今までの家具が使えない!入らない!・・・ことはありません。
大切な家具を長く使い続けるために。「古家具再生」と「お部屋サイズに家具をカット」
 
古家具再生は、ピカピカすぎてもそのまま過ぎてもダメ。
いかにお客様の意向通りに仕上げるかが重要。
この年代物の扉付き和箪笥の再生と洋服箪笥台輪のカットのお見積りにうかがったのが、今年(2010年)最初のメンテナンスの仕事でした。
ご自宅をリフォームするにあたって、リフォーム後もこの2つの家具を大切に使い続けたいというお客様の想いと共にお預かりしました。
扉付き和箪笥は、松ともみの木で作られ、金具は磨けばまだ使える状態で、全体に素材とサイズバランスがよく、きちんと再生すれば素晴らしい物になると感じました。
両サイドには持ち運び用の金具も着いていて、とても丁寧な仕事が施された和箪笥です。
このような年代物の家具の復元・再生は、お客様のご希望をしっかりとお聞きし、どのように仕上げていくかをじっくり話し合ってから作業にかかることが重要です。
ただ単にピカピカに仕上げてしまうと、お客様の大切な思い出や年代を重ねて増した家具の味わいを台無しにしてしまうからです。
この時も、お客様からは、今の風合いや味わいはなるべくそのままに再生して、これからも使い続けられるようにしたいとのご希望でした。
工程としては、全体の汚れをぺーバーで擦り落とし、引き出しがスムーズに開くようにし、金具を磨き、全体に自然な色づけをして仕上げていくことにしました。
大切にお使いになっている家具だけに、私自身もその仕上がりが非常に気になっていたので、業者から出来上がりの連絡があったときにはすぐに確認に行きました。
現場で一通り確認し、引き取ったあとに店の確認用タラップにのせてもう一度じっくり確認しました。
全体の色づけも自然な仕上がりで、金具の磨きもピカピカ過ぎず、深みのあるツヤがあり、年代物の風合い、味わいはそのままです。
一方では補強の金具を入れ耐久性はアップ。
引き出しもスムーズに開くようになり、これならこれからも長く使い続けることができます。
お客様にもとても喜んでいただきました。
家具の復元・再生には、とても高いレベルのメンテナンス技術と、お客様としっかりコミュニケーションをとることが重要です。
納品までは気を抜けませんが、お客様にご満足いただけると、大きな感動があります。
これからもお客様と共に感動できるよう、メンテナンスのレベル向上を目指します。
●緊急作業 Part 1
リフォーム後のお部屋サイズに合わせ、ミリ単位で家具をカット。
先の古家具再生と同時にご依頼があったのが、洋服箪笥の台輪部分のカットでした。
リフォーム後のお部屋にピッタリと収まるサイズにカットして欲しいとのご希望でした。
台輪とは、床に直に接する部分で、家具を支えています。
この台輪には大切な役目があって、洋服箪笥の場合は、湿気から洋服を守る役目があります。
このためリフォーム後のお部屋に収まるように1000ミリ近くあった台輪を40ミリカットして60ミリ残すことにしました。
ところが、納品前日になってお客様から、あと30ミリカットしないと収まらないとの連絡があり、緊急作業に。
ミリ単位でカットし、断面にサンダーをかけて仕上げました。
さらに四隅に三角板を打ち、角の面取りをして完成。
なんとかお届けにも間に合い、お部屋にも収まりました。
●緊急作業 Part 2
ベッドフレームの脚が折れた!
お客様から「ベッドのフレーム部分の脚が折れかかっているから直してほしい」との連絡があり、すぐに訪問。
確認すると、フレームと脚をつなぐ付け根板の部分がフット本体からはずれかかっていました。
ここで、多くの店の対応ではメーカーに修理を依頼するのですが、ベッドは毎日使うもの。
メーカー依頼ではどうしても時間がかかり、それではお客様にご不便をかけてしまいます。
そこで、住賓館がメンテナンス等をお願いしているオリジナル工房に届け、24時間以内の緊急修理をすることにしました。
修理方法は、脚の付け根板を大きくして、フット部分との結合力を強くすることに。
トラブルがあったのは片方だけでしたが、万全を期するためにもう一方の脚にも同じ補強を加えることにしました。
お客様との約束通り、24時間以内に修理し、お客様のお宅に届け、締め付け作業もしっかり行いました。
おかげさまでお客様にも大変喜んでいただきました。

このように毎日使う家具のトラブル対応にはスピードが重要です。
しかもスピーディーに対応するには、それだけの技術も必要です。
これからもメンテナンス技術のレベルをあげて、お客様には大切な家具を長く使っていただきたいと思います。
住賓館では、リフォームやお部屋の模様替えなどで家具を移すときにサイズが大きくて収まらない場合、今回の様にミリ単位でのカットにも応じています。
また移動時のトラブルなどにも出来るだけスピーディーに対応しています。
大切な家具をちょっと手を加えるだけで、また新しい空間の中で長く使い続けることができます。
お悩みの際には、どうぞお気軽にご相談ください。
 
関連記事
今の時代だからきちんと考えたい、本物の家具とメンテナンスのこと。 2012.08.31
今の時代だからきちんと考えたい、本物の家具とメンテナンスのこと。
〜椅子のグラつきからウォーターベッドのメンテナンスまで、
メーカー対応できない修理も住賓館の専門職人が迅速に対応します〜
住賓館のメンテナンス修理 本物の家具を長く愛着をもって使い続けていただくためにー。 2012.03.02
住賓館のメンテナンス修理
本物の家具を長く愛着をもって使い続けていただくためにー。
2010.03.18
【ここまでできる!住賓館のメンテナンス】
年代物の総桐箪笥の再生からマホガニー材の仏壇、海外ブランド家具のメンテナンスまで
2010.10.15
ミガキ仕様の加工に、フック金具の取り付け・・・
県外も即日納品メンテナンスにも対応。配送も高レベル、安心システムでお届け。
今、一押しの海外、国内人気家具もご紹介します!
2010.05.28
現場で考えるメンテナンス
日常使いの家具は、現場対応&スピーディな納期で、メンテナンス中の不便を軽減。
アンティーク家具は、解体して組み直し再生。
住賓館だからできるお客様サービス 持ち込みお試し家具&代椅子サービス。 2010.05.07
住賓館だからできるお客様サービス 持ち込みお試し家具&代椅子サービス
よりピッタリの家具をお選びいただくために ご希望によりご自宅に家具をお持ちします。
毎日使うものだから メンテナンス中は、代わりの椅子をご用意いたします。
引っ越しやリフォームで今までの家具が使えない!入らない!...ことはありません。大切な家具を長く使い続けるために。「古家具再生」と「お部屋サイズに家具をカット」 2010.04.09
引っ越しやリフォームで今までの家具が使えない!入らない!...ことはありません。
大切な家具を長く使い続けるために。「古家具再生」と「お部屋サイズに家具をカット」
40年前のソファが復活!思い出深い年代物の家具から繊細なイタリア家具まで 2009.12.25
40年前のソファが復活!思い出深い年代物の家具から繊細なイタリア家具まで
今、時代が注目する「修理」「修理依頼はどうすればいいの?」にお答えします!  2009.08.10
 今、時代が注目する「修理」
「修理依頼はどうすればいいの?」にお答えします!
修理依頼の多い「椅子のぐらつき」。ビス1本で直る方法もあります。  2009.07.09
 修理依頼の多い「椅子のぐらつき」。ビス1本で直る方法もあります。
諦めていた革の家具のリペア、職人技の吹きつけ塗装で復元させます!?イタリア製最高級ソファをリペア (革張りソファー編 ムービー付)  2009.07.03
諦めていた革の家具のリペア、職人技の吹きつけ塗装で復元させます!?
イタリア製最高級ソファをリペア (革張りソファー編 ムービー付)
一世を風靡したウォーターベッド。なぜ陰を潜めたのか?なぜ根強いファンがいるのか?(ウォーターベッド補修編)  2009.06.18
一世を風靡したウォーターベッド。なぜ陰を潜めたのか?
なぜ根強いファンがいるのか?(ウォーターベッド補修編)
諦めていた革の家具のリペア、職人技の吹きつけ塗装で復元させます! 住賓館の家具メンテナンス(革張りソファー編)  2009.06.10
諦めていた革の家具のリペア、職人技の吹きつけ塗装で復元させます!
住賓館の家具メンテナンス(革張りソファー編)
   

>> 田組社長の家具ログ >> 家具メンテナンス >> オーダーメイド家具 >> 主な取扱商品 >> 住賓館ブログ(Livedoor) >> 会社概要 >> Topに戻る

Copyright (C) 2009 Jyuhinkan Co., Ltd. All Rights Reserved.
田組社長の家具ログ オーダーメイド家具 主な取扱商品 住賓館ブログ 会社・店舗情報 トップに戻る お問合せメールフォーム