6畳間に収まる北欧スタイルのLDセット
リビング(寛ぎの空間)とダイニング(食事の空間)を1つにまとめたLDスタイルのお部屋づくりが注目されています。
リビングセットとダイニングセットをまとめて1つの空間にコーディネートすることで、限られたスペースでもゆとりができ、ゆったり快適に過ごすことができます。
そこで今回は、6畳間(2400×3200ミリ・公団サイズ)にも収まる北欧スタイルのLDセットをご紹介します。
コンパクトなスペースにも収まる半円形のテーブルや食事の後もそのまま長く座れるチェアなど、天板の形状やサイズを吟味して組み合わせると食事も寛ぎも両立できる快適な空間をつくることができます。
■場所も向きも自由。食事も会話も楽しめる木の葉型のダイニングテーブル
北欧スタイルのLDセットのダイニングテーブルとしておすすめしたいのが、日進木工の人気シリーズ・WHITE WOOD(ホワイトウッド)のリーフテーブルです。
天板サイズは1800×900ミリあるので4人家族でもゆったり座れますが、半円テーブルなのでコンパクトなスペースの中にも角度を変えることでゆったりセットできます。
また、壁やキッチンカウンターに接して配置すればより省スペースになり、離して配置してベンチや椅子を増やせば来客時や大人数にも対応できます。
リーフテーブルはその名の通り、一般的な半円ではなく、直線部分にR(アール)をつけた木の葉型のデザインになっています。
この優しいラインが女性に人気で、他とはちょっと違うセンスの良さを感じます。
テーブルの脚は先にいくほど細く、しかも天板に対して斜めに接合されています。
とても繊細に見えますが、ぐらつきのないしっかりした造りとなっています。
また、添え木部分にだけウォールナット材を使うなど、心憎い演出も見事です。
これだけ繊細なデザインで耐久性や強度を持たせる技術力は日進木工だからできること。
また、細い脚は見た目の良さだけでなく、座った時に邪魔にならないという利点もあります。
デザインと機能をとてもよく考えられたテーブルです。
北欧の家具は、しっかりした造りながら野暮ったさを感じないのが特長です。
このリーフテーブルも天板の厚さは30mmありますが、横から見た時厚さを感じず、洗練された印象を受けます。
それは面形状に工夫があり、中に深く入れた舟形となっているためです。
ここにも日進木工ならではの技術力を感じます。
■わずか3400グラム。木の実をデザインしたチョイ肘付きの軽量チェア
2007年の発売以来、今も高い人気を誇るWHITE WOOD(ホワイトウッド)チェアWOC-131です。
木の実をデザインした肘やナラ材とウォールナット材のコンビネーション、丸みを帯びたかわいいフォルムなどは、特に女性から高い支持を受けています。
また、女性でも片手で持ち上げることの出来る軽さもこの椅子の特長です。
その重量はわずか3400グラム。
この軽量化は、曲げ木など日進木工の優れた加工技術によって実現しました。
デザイン性、耐久性、軽量、機能性のすべてを兼ね備えたチェアWOC-131は、椅子を探しに来店された方には必ずおすすめしている椅子です。
WHITE WOOD(ホワイトウッド)シリーズは、ナラ材をベースにブラックウォールナットをアクセントに使っているのが特長です。
このチェアWOC-131では、肘先部分に木の実を想わせるようにブラックウォールナット材が使われています。
その接合部分には、日進木工が得意とする加工技術・フィンガージョイントが見事に施され、丈夫さだけでなくデザイン性も高めています。
底づきすることのない布バネの座はとても座り心地がよく、肘も自然に腕が乗る高さのチョイ肘(セミアーム)なので長く座ることができます。
また、チョイ肘のため立ったり座ったりする時も邪魔にならず、横座りも楽にできます。
座面からチョイ肘までの高さは255ミリあります。
一般的な椅子の場合は200ミリ以下なので少し高めに設計されています。
座ってみるとわかりますが、この高さと曲げ木による背のカーブが絶妙で、ごく自然に肘を支えてくれます。
高すぎず低すぎず、自然な姿勢が取れるので、長時間座っていても疲れることがありません。
軽量化と耐久性を両立させる曲げ木の背はデザイン性も優れ、後ろ姿にも美しさがあります。
また、持ち上げやすい形状で軽量なので、掃除の時など女性でも楽に移動させたり作業ができます。
◆Select Point
食事からくつろぎタイムまで長時間居ても快適に過ごすことができ、しかもコンパクトなスペースにも収まるLDセットとして選んだWHITE WOOD(ホワイトウッド)のリーフテーブルとチェア。
そのセレクトポイントは、テーブル高とチョイ肘高の絶妙なバランスにあります。
720ミリのテーブル高に対して、椅子のチョイ肘までの高さは730ミリ。
この10ミリの差により、テーブルに椅子が収まり、限られたスペースにも設置することができます。
また、木の葉型の変形テーブルは、場所や向きを選ばず自由に設置できるので、椅子の数を増やしたりベンチを組み合わすことで、将来家族が増えたり、子どもが成長して夫婦二人になるなど、家族構成の変化にも順応し、長く使い続けることができます。
なお、今回ベンチにNatural Brown(ナチュラルブラウン)シリーズのNBS-417を選んだのは、チェアWOC-131同様、軽量で使い勝手がよく、カバーリング仕様だから。
別シリーズでも同じカラーやテイストの生地を選べば統一感のあるコーディネートができます。
【コーディネートに使用したアイテム】

メーカー 日進木工
商品名  WHITE WOOD(ホワイトウッド)
                 リーフテーブルWOT-688
サイズ  W1800(脚間1440)×D900(脚間880)×H720(mm)
販売価格 176,000円(税別)

商品名  WHITE WOOD(ホワイトウッド) チェアWOC-131
サイズ  W575×D500×H730×SH430・AH685
                 ・座面幅470(mm)
販売価格 47,000円〜(税別)

商品名  Natural Brown(ナチュラルブラウン)ベンチNBS-417
サイズ  W1160×D390×H480(mm)
販売価格 52,000円(税別)

※上記の価格は時期によって変動しますので、必ずご確認ください。
◆Recommend
今回のコーディネートは、一人暮らしからカップル、ファミリーまであらゆるライフスタイルにおすすめできます。
一人暮らしであれば、リーフテーブルと椅子1脚で食事やくつろぎの時間を過ごすテーブルとしてだけでなく、パソコン作業もできるデスクとしても使うことができ、ダイニング、リビング、書斎の3つをまとめて、よりコンパクトな空間を賢く活用することができます。
カップルであれば、リーフテーブルと椅子2脚をセット。
変形テーブルなので真正面から視線がぶつかることもなく、リラックスして会話を楽しむことができます。
ファミリーなら、リーフテーブルに椅子4脚でゆっくり4人で、さらに椅子を増やしたりベンチを組み合わせたら6人まで対応できます。
家族構成の変化に順応でき、コンパクトなスペースにも収まる北欧スタイルのLDセットをお探しの方にはおすすめのコーディネートです。
■今回ご紹介した製品をYouTubeでご覧いただけます。
住賓館Style YouTube チャンネル
■【ナビ動画】ご来店いただくお客様へ。善通寺ICから住賓館までご案内します。