イタリアモダンの空間に合う黒檀のダイニングテーブル
宝石の輝き!ミガキ仕様のダイニングテーブル02 〜松創〜

前回に引続き、宝石のような輝きで多くのファンを魅了する松創のミガキ仕様(鏡面仕上げ)のダイニングテーブルをご紹介します。
1回目は、ホワイトシカモアを使ったベーシックスタイルのダイニングテーブルでしたが、今回は、唐木の代表格で知られる黒檀を使ったモダンスタイルのダイニングテーブルです。
異素材の組み合わせの妙とデザインで、洗練された上質な空間を作り上げます。
銘木・黒檀を使ったハイセンスなダイニングテーブル「Jin(ジン)」
「松創」は、自社での一貫製造にこだわり、質の高い素材を使い、素材の持ち味を最大限に引き出す技術とセンスでレベルの高い家具を作り続けている広島県府中市の家具メーカーです。
特に高度な塗装技術と独自のノウハウによる鏡面仕上げは、美しさはもちろん、耐久性にも優れ、業界でもトップクラスの評価を得ています。
今回ご紹介するのは、黒檀を使ってデザインされたLiving&Diningの家具シリーズ「Jin(ジン)」のダイニングテーブルです。
鏡面仕上げを施した黒檀の天板とシルバースチールの脚によるハイセンスなデザインとカラー。異素材の組み合わせの妙が、とても印象的なテーブルです。
黒檀の美しい柾目の縞模様を生かした天板です。ミガキ仕上げの輝きは透明度が高く、ツヤがあります。
黒檀は、紫檀、鉄刀木(たがやさん)とともに唐木3大銘木のひとつで、大変硬く、半永久的な耐久力があり、強くて重く、古くから高級家具に用いられてきました。
また、木目の黒と褐色が縞模様となり、その緻密で豊かな光沢と美しさも銘木と呼ばれるゆえんです。
ただし、現在では入手が非常に困難で貴重な材料の一つでもあります。
黒檀ミガキの天板にシルバースチールの脚。
脚は天板側が60mm、床側が30mmの先細スタイルで、ピンヒールのような繊細なラインがシャープな印象を与えます。
天板の厚さは30mm。天板四隅の角丸が脚のラインともマッチ。バランスの良さも絶妙です。
繊細なデザインの脚はグラつきが気になりますが、スチール素材を採用し、天板にしっかりと固定されているので、グラつきの心配はありません。


天板に置いたグラスが、歪みなくクリアに映り込んでいるのは、レベルの高い鏡面仕上げの証。
前回ご紹介したように、松創の鏡面仕上げは、特別に開発したノンワックスポリエステル樹脂を使い、高度な塗装技術を駆使し、手間暇かけて宝石のような輝きと鏡のような滑らかさ、衝撃に強い硬度を実現しています。
汚れがついても水拭きで落とすことができ、キズがついても塗り重ねができるので、研磨することで修理することができます。
今回「Jin(ジン)」のダイニングテーブルと組み合わせたのは、イタリアのFrag(フラッグ)社のMALVINA(マルビナ)サイドチェアです。
軽量でコンパクト。包み込まれるような掛け心地で女性に人気があります。

Frag(フラッグ)は、革の製造を始めて約90年の伝統と歴史を持つ革張りチェアのトップブランドです。
革が体に吸いつくようにフィットし、ホールド感があります。縫製も細部まで丁寧な仕事が施されています。


深く座っても浅く座っても上質の背の革が座る姿勢に応じて体を優しく受け止めてくれます。

ワイド420mmとコンパクトサイズながら横座りもラクにでき、座る姿勢やポジションを変えても快適に過ごせます。軽量で持ち運びもラクにできます。

シンプルでスマートなMALVINA(マルビナ)サイドチェアは、高さ800mm。
Jin(ジン)ダイニングテーブルの高さは700mmなのでセットしてもテーブルからの背の飛び出しも小さく、部屋を広く使えます。
6畳(3,820×2,860mm・本間)のスペースにイタリアモダンな空間を作るために、「Jin(ジン)」のダイニングテーブルとFrag(フラッグ)のMALVINA(マルビナ)サイドチェアを合わせました。
イスのカラーは、黒檀と同じ黒ではなく、チョコレートブラウン色を選ぶことでより洗練された印象になりました。
また、テーブルのワイド幅1,800mmであれば、コンパクトサイズのMALVINA(マルビナ)サイドチェアは、最大3脚ずつセットすることができますが、あえて1脚ずつセット。
1人暮らしやカップルでゆったり座ることができ、空間に余裕を持たすことでテーブルの脚の繊細さやシンプルでスマートなイスの魅力を引き立たせることができます。
【Coordinate】
6畳(3,820×2,860mm・本間)のスペースにイタリアモダンな空間を作るために、「Jin(ジン)」のダイニングテーブルとFrag(フラッグ)のMALVINA(マルビナ)サイドチェアを合わせました。
イスのカラーは、黒檀と同じ黒ではなく、チョコレートブラウン色を選ぶことでより洗練された印象になりました。
また、テーブルのワイド幅1,800mmであれば、コンパクトサイズのMALVINA(マルビナ)サイドチェアは、最大3脚ずつセットすることができますが、あえて1脚ずつセット。
1人暮らしやカップルでゆったり座ることができ、空間に余裕を持たすことでテーブルの脚の繊細さやシンプルでスマートなイスの魅力を引き立たせることができます。
【コーディネートに使用したアイテム】
メーカー 松創
商品名 Jin(ジン)ダイニングテーブル(黒檀)
サイズ W1800×D900×H700
販売価格 450,000円(税別)

メーカー Frag(フラッグ)
商品名 MALVINA(マルビナ)サイドチェア
サイズ W420×D500×H800・SH450(mm)
販売価格 72,000円(税別)
【コーディネートに使用したアイテム】
メーカー 松創
商品名  Jin(ジン)ダイニングテーブル(黒檀)
サイズ  W1800×D900×H700
販売価格 450,000円(税別)

メーカー Frag(フラッグ)
商品名  MALVINA(マルビナ)サイドチェア
サイズ  W420×D500×H800・SH450(mm)
販売価格 72,000円(税別)


※上記の価格は時期によって変動しますので、必ずご確認ください。
◆Recommend
一人暮らしやカップル、イタリアモダンの洗練された空間を作りたい方におすすめのコーディネートです。
また、イタリアや海外のモダンスタイルのイスをお持ちで、そのイスに合うテーブルをお探しの方には、黒檀ミガキの「Jin(ジン)」ダイニングテーブルはおすすめです。
その際、イスのカラーやお部屋のサイズに応じて、テーブルのカラー、サイズ、デザイン、樹種を変更することもできます。
例えば天板のミガキ仕様を艶消しにすることもでき、樹種も黒檀以外にバーズアイメープル、シカモア、マーブルウッドなど、松創の取り扱い材であれば対応可能です。
脚の素材も天板と同素材にすることもできます。
ご希望があれば、どうぞお気軽にご相談ください。
■今回ご紹介した製品をYouTubeでご覧いただけます。
住賓館Style YouTube チャンネル
■【ナビ動画】ご来店いただくお客様へ。善通寺ICから住賓館までご案内します。