ダニエルで作る6畳のクラシックスタイル

エレガントで気品のあるクラシックスタイルのお部屋づくりに憧れはあるけど、スペースが限られている、引越しが多いなどの理由であきらめている・・・という方も多いようです。
確かに、クラシックスタイルのお部屋づくりは、広いスペースがなければできないと思われがちですが、家具のサイズや組み合わせ次第では、限られたスペースでも快適なお部屋づくりができます。

そこで今回は、6畳(3820×2860cm・本間サイズ)のコンパクトなスペースに、「横浜クラシック家具 ダニエル」の座善ワンアームチェア、シーザーテーブル、ブーツラブシート、ティーテーブル、チェストドレッサーをセット。憧れのクラシックスタイルを演出してみました。
横浜クラシック家具の伝統と技術を今に引き継ぐ本物の家具を作り続けるダニエル
1973(昭和48)年、日本の洋家具発祥の地・横浜の元町に生まれた「ダニエル」は、横浜クラシック家具の伝統と技術を今に引き継ぎながら本物の家具作りを追求しているメーカーです。
住賓館とのお付き合いも長く、最初から取り扱っている家具は、今も変わらず魅力的で、根強い人気があります。

「ダニエル」の家具の主材には、樹齢200年前後の北海道産・樺桜(カバザクラ)が使われています。この樺桜は、緻密で堅牢で木肌の美しさが特長ですが、堅牢なだけに加工が難しく、塗装にも高い技術を必要とします。ダニエルの家具が、何十年経っても色褪せない魅力と耐久性を保っているのは、熟練した職人の技とこだわりがあってこそなのです。

また、ダニエルで特筆すべきところは、こうした職人技を伝承するための「家具の学校」や修理・張替えなどの「家具の病院」にも取り組んでいることです。特に「家具の病院」では、他社製品の修理にも対応しています。それだけ高い技術力のある職人がいるということで、メンテナンスも安心してお任せすることができます。
LDセットとして組み合わせたのは、引き出し付きのシーザーテーブルと座善ワンアームチェアです。
シーザーテーブルは、ワイド幅1000mm、奥行き1000mmの正方形のテーブルです。2人ならコーナーに椅子をセットして会話を楽しむことができ、4人でもゆったり座ることができます。
シーザーテーブルは、通常は高さ710mmですが、座善ワンアームチェア(座面高410mm)を組み合わせるために675mmでオーダーしました。
このサイズだと座った時のテーブル高と座面高のバランスが良く、ダイニングセットに近いLDセットになります。
ちなみに、一般的なダイニングセットであれば、椅子の座面高は430mm、今人気のLDセットであれば、座面高は380mmとなります。

座善ワンアームチェアは、奥行き650mm。テーブルに対して少し大きめです。そのためコーナーに椅子を設置した場合、1脚はしっかり収まりますが、もう1脚は少し収まりが少なくなります。狭い空間に設置する時は、後ろの空間を広く取りたい側の椅子が収まるように設置すると良いでしょう。
対面で設置すると椅子は2脚ともテーブルにしっかり収まります。

テーブルは引き出し付き(1箇所)なので、小物を収めることができます。
椅子のアームは片肘タイプで、天板と座面の間もゆったりしているので、出入りもラクにできます。
座善ワンアームチェアは、左右の片肘なので、並べて配置すると1450mmのコンパクトなサイズのソファとしても使えます。
シーザーテーブルを外して、ブーツラブシート前のティーテーブルを移動させてセンターテーブルとして使うと、より省スペースに収まり、空間も広がります。
座善ワンアームチェアは、座面が厚くクッション性があり、ワイド幅も広いので、あぐらを組んだり、正座をしたり、足を上げてゆったり過ごすこともできます。
チェストドレッサーは、小引き出し3段、大引き出し1段、左扉の中にも小物を整理できる引き出しがあります。
ワイド幅990mmなので、小物や靴下などの小さな物入れに適しています。
ラブシートは、ワイド幅1175mmとコンパクトサイズですが、大人2人が並んで座ることができます。
グリーンのモケット生地がボタン留めされることによって、美しい陰影が生まれています。
座面は心地よい硬さ。長時間座ることができ、立ち上がりもラクにできます。
高さは870mmで、座ると肩まで受けてくれます。背中から肩にかけてホールド感がいいので、後ろに深く座った時には、心地よく背中を受け止めてくれます。
また、座面シートは少し傾斜があり、程よい硬さがあるので、前に座った時も安定したポジションがとれます。
削りだしでこれだけ美しい曲線ラインを出すには、高い技術を要します。木部の彫刻も手の込んだ造りで高級感にあふれています
アームの先は握りやすく、座っていて安心感があります。また、造りがしっかりしているので立ち上がりもスムーズにできます。
ティーテーブルは、高さが800mmと高めなので、ちょっと食事したり作業するにも便利です。天板のエッジに丸みがあり、小物置きもあります。
しっかりした造りで、ぐらつきがなく、立ち上がりの時も安心です。
エッジの面形状と小物置きの面形状は同じで、細かな部分までこだわりがあります。
脚も外へ広がる造りなので脚間が広く、また、小物置きも内側についているので、座った時に足がぶつからずに快適に過ごせます。
今回ご紹介した家具の主材は、すべて無垢の樺桜(カバザクラ)が使われています。加工技術や彫刻も素晴らしいのですが、この塗の美しさはダニエルならではです。
研磨から塗装終了まで15回もの工程で仕上げられています。何回も手で拭き取り磨いていくからこそ美しい陰影ができ、深みのある色合いが生まれます。
ファブリックも豊富で、ジャガード織りやゴブラン織りの布地はベルギー、ドイツ、イタリア、アメリカなどから取り寄せています。
柄合わせのレベルも高く、ここでも職人のこだわりが感じられます。
【Select Point】
今回のコーディネートでは、6畳という限られたスペースに、LDセットとラブソファーとセンターテーブル、チェストまでセッティングしましたが、スペースにはまだゆとりがあり、動線もしっかり確保できました。家具の高さも抑えて空間も広く見えます。
また、左右片肘のチェアを選ぶことで、単独でも2脚並べてソファにもなり、ちょっと高めのティーテーブルは、ソファ前のセンターテーブルとしても作業テーブルとしても使うことができ、用途に合わせてレイアウトを変えることで使い勝手の幅も広がります。これなら引越しで間取りが変わった時も便利です。
【コーディネートに使用したアイテム】

メーカー ダニエル
商品名  座善ワンアームチェア(右肘・左肘)
サイズ  W725×D650×H770・SH410(mm)
販売価格 164,000円(税別)

商品名  シーザーテーブル
サイズ  W1000×D1000×H675(mm)
販売価格 220,000円(税別)

商品名  ブーツラブシート
サイズ  W1175×D820×H870(mm)
販売価格 408,000円(税別)

商品名  ティーテーブル
サイズ  W800×D500×H530(mm)
販売価格 158,000円(税別)

商品名  チェストドレッサー
サイズ  W996×D423×H1354(mm)
販売価格 474,000円(税別)


※上記の価格は時期によって変動しますので、必ずご確認ください。
◆Recommend
限られたスペースでクラシックスタイルの空間づくりをご希望の方におすすめのコーディネートです。また、1つ1つの家具がコンパクトサイズで移動もしやすいので、引越しが多い方にもおすすめです。
さらに、今回の家具は、LDルームだけでなく、コンパクトサイズのラブシートは寝室に置くこともでき、1つの空間だけでなくいろんな空間に移動させて楽しむことができるので、模様替えが多い方にもピッタリの組み合わせです。
「ウチはフローリングでなく畳だから・・・」という方も、ダニエルの家具は、木部の深みのある色合いやファブリックや柄合わせによって、和室の畳の上に置いても合うコーディネートができます。クラシックスタイルをご希望の方は、どうぞお気軽にご相談ください。
■今回ご紹介した製品をYouTubeでご覧いただけます。
住賓館Style YouTube チャンネル
■【ナビ動画】ご来店いただくお客様へ。善通寺ICから住賓館までご案内します。